Menu メニュー

  • コンセプト concept
  • エクステリア exterior
  • 事例 case
  • 完成までの流れ flow
  • 会社概要 about
  • ブログ blog
close 閉じる
岡崎市のエクステリア外構の設計・施工 株式会社シンクリッチ HOMEへ

父を偲ぶ < 外構リフォーム >|愛知県岡崎市でエクステリア外構の設計・施工なら、株式会社シンクリッチ

愛知県岡崎市のエクステリア外構の設計・施工、株式会社シンクリッチのHPTopページへ

お問い合わせ

0564-66-2155

10:00~18:00(水・日定休)岡崎市細川町字石田67番地1

施工事例

施工事例

May.18 2021

父を偲ぶ < 外構リフォーム >

昭和から平成、そして令和へ。

時代の移り変わりと共に、経年劣化していく工作物。

築造 35 年の外部空間を、リノベーション。

 

 

” リノベーション ” とは、革新、刷新、修復を図ること。

” リフォーム ” がマイナスにある状態のモノを、ゼロの状態まで戻すため、

機能を回復させるという趣意に対して、リノベーションはプラスアルファで、

新たな機能や価値を向上させることを表します。

 

 

亡き父上が愛着を持っていた、洗い出しの施された外塀は保存する。

スクラップアンドビルドは、しない。

設計者としてのプライドと、偲ぶ想いがある。

 

 

遊離石灰が析出し、剥離や折損が著しいモルタル笠木は、

シャープな玄武岩のボーダーにチェンジ。

石質のラインが陰影を生み出し、空間を引き締めます。

 

 

昭和感の漂う内開き門扉と鋳物フェンスは、一新。

 

 

シンプルな間仕切柱タイプのフェンスが、抜け感を出しながら、

奥行きの少ないアプローチでは、ノンレール式の引戸門扉が敷地対応力を発揮。

有効開口のスペースが広くなり、スムーズな動線を確保します。

 

 

ファザード空間のアクセントには、フレームユニットを採用。

シンプルで洗練されたフレームによる立体的なデザインが、

住宅外観を引き立てます。

 

 

2 パーツ構成のフレームは、ネジやボルトといった金具部品を見せないという、

細部までスマートで、ノイズレスなデザイン。

金属光沢と主張を抑えた、マットブラックを選択しました。

 

 

工業製品ならではの、美しい仕上がり。

工作機械のエンジニアだった父上に捧ぐ、独自のエントランス空間。

 

 

ラインライトのスリットは桁と一体化しており、

照明の存在感を感じさせないスタイリッシュな納まりで、

夜間の安全面と防犯性を思慮。

 

 

ありがとう。

一覧ページへ戻る

ページトップ
岡崎市のエクステリア外構の設計・施工 株式会社シンクリッチ

0564-66-2155

株式会社シンクリッチ
愛知県岡崎市細川町字石田67番地1
10:00~18:00(定休日 水・日曜)
MAP

Copyright 2014 株式会社シンクリッチ Rights Reserved.